花冷え、青葉・・・季語の妙

● 美濃和紙 貼り招き猫BOX 各¥3,500+税
  紙、陶器  小さいの:11×10×9cm 大きいの:9×8×14cm

せっかくの連休なのに・・・と残念なほどの急な寒さ!
暖房つけました💀

せめて 気分があたたかくなるようなものを。

まんまるなこの猫たちを一目見ただけで
ココロのカドがとれる気がしませんか?

陶器を伝統の美濃和紙でくるんである
ま、イレモノなんですが
何も入れないで置いとくだけでも
この”どちらかというと前向き”くらいな顔つきにそっと癒される、
そんな静かな工芸品。

触ると
和紙ならではのやわらかさがじんわり伝わるカンジ、
それぞれ背面に
小さいほうは四つ葉?やちょうちょ
大きいほうは小判を金彩で添えてありますが
和紙の上だからか ぜんっぜんキンキンしてなくて
もうすっごくあたたかな調和を成しております

紙っていいなぁ。
(「紙ってる?」)

* * *  * * * * * *  * * * * * *  * *

雨で寒いけど
今日は車窓からの緑がひときわ美しかった!

ずっと大事にしていた 俳句の本 をどうやら紛失したらしく
かなり探しまわるも見つからず
結局また同じ本を買い、久しぶりに目を通していると
若葉 は 新緑
青葉 は 深緑
とあり、あらためて 言葉の世界の奥深さに感動しきり。

どちらにしても
うっとりするような輝く緑が思い浮かび
大変にこの、清々しくなりました!

昨日は遠路はるばる 高校時代の同級生が 来店。
当時、行き帰りのJRで、何がおかしかったんだか
とにかくずっと話しては大笑いしていたものです。

あれから30年経っても気軽に会える我らの仲は
そろそろ 青葉の域に入ったといえるでしょうか。

車窓より流るる青葉 友帰る なんちゃって~