物語のあるモノ

いや 今日はほんっとに極寒だ💀

風もビュービューいって
スキー行くのか?ってくらいの
もんのすごい厚着してきたけど
それでも体の芯が冷たいみたい。

ということで
心の中をジンワリさせれくれるようなモノを!

もうすっかり人気定番だけど。

挿絵画家・森田Miwさんの絵を
タオルにしたシリーズのなかでも
特にユーモラスで人気のハーフタオルハンカチ。

確かに ハンカチって
まっしかくでなくても
半分でもちゃんと手が拭けるし
なんかオモシロい!

のなかでも
特に物語のあるシリーズ。

・森田Miw × クズハシタオル 刺繍&プリント ハーフハンカチ 各¥700+税
 綿100% 約15.5×25cm 裏パイル

まず イエティ!
ヒマラヤに住むと言われる”雪男”。

私は、漫画「少年アシベ」で知った。

アシベの親友・スガオ君が
お父さんの転勤でヒマラヤへ。
お父さんの会社は街中なのに
なぜか一家は山のなかの家に住むことになり
チットちゃんという女の子と
ずるがしこい仙人以外は
ほとんど人がおらず
イエティとか猿とかと遊ぶのです。

雪男ってきくと、なんか男らしいけど
刺繍されたこのイエティは、
とってもチャーミングで 実は優男?!


「バンザイ イエティ」

それから、宇宙人!

この絵は
地球の牛をとってるんじゃなくって
宇宙の牛を地球にプレゼントしているんだって!
(ちょうど 丑年 タイムリー?!)

そういう Miwさん独自の
それぞれの絵のお話が載った
シールが貼ってあるので
それを読むと たのしさが一層深まる!

「ワレワレハ ウチュウジンダヨ」

そして 雷!

ちょっとリアル(っても実際の姿知らないけど)なカンジが
これまた ”美術”を感じさせて 素晴らしい~

風神?雷神?

ちゃんと 虎のパンツでさ。

ほんっとに こんな顔なんじゃないの?って思える。

「雷ちゃんのビビビ」

ほんっと どれもこれも
一般的には「架空」とされている”方々”だけど
こうやってユーモラスに表現されると
すっごく身近な、仲間のような気分になりませんか?

それはきっと Miwさんご自が
そういうふうに感じてるから、でしょうね★

ポケットに入れると
”彼ら”の顔が チョコンと顔を出すように
わざと はみ出しているのも 心憎い★

触って気持ちよく
吸水性もよい裏のパイル地は
鮮やかな色味で
表とのコントラストが美しい。

こんな小さなモノにも
いろんな思いと工夫が込められて
すごいですよね~

少なからずジンワリすると思うんですが。

* * * * * * * * * * * * * * *

今朝は、仲間の店に寄りました。
毎日いらっした看板お母さんが
初めて体調を崩されたと聞いていて。

代わりに息子夫婦が店頭に立っているのですが
やはりお母さんの姿が思い浮かび
サミシイです。

お客さんにも入院された方があり
退院を心待ちにしています。

わたしは我慢がきかず
いっつも どっかが痛い、ツライとこぼしている
無病息災ならぬ
十病息災!?

それでも いつどうなるかわかりません!

とりあえずは
出たばっかりの新酒とか その酒粕で
酒の街らしい健康を維持しよう★