空模様が店模様

●  森田Miw × くすばしタオル (今治)
  「森のわがや」(緑・グレイ)
  
  バスタオル ¥3,000+税
  綿100% 約60×120cm
  フェイスタオル ¥1,400+税
  約34×80cm
  ウォッシュタオル ¥800+税 
  約34×35cm

すっかり人気の 挿絵画家・森田Miwさんの
タオルシリーズのなかでも
こちら「森のわがや」人気です~

特にちょっと大きめのバスタオルだと
もうタオルを超えて タペストリーにもできるくらいの
インパクトと美しさ!

モコモコっとしたタオルのパイルと
シックなプリントで表現した
森の木々のなかに
ポツンと刺繍された一軒家は
小さいけど とっても印象的で
扉のなかをのそきたくなる・・・

このオリジナリティあふれる世界は
Miwさんの素敵な絵柄&色遣いと
タオルという布地の特性がうまくあわさってこそ
の まさに 傑作だと思います。

で、実際 みなさんにも大人気★

初めてご覧になって
ヒトメ惚れされる方が多いこと!

思わずハッとする、生き生きした緑も人気だし
静か~なトーンが何とも言えず洒落ているグレイも捨てがたい。

ちょっと小さめのタオルケットとして
ベッドのスローとして、と
風呂上り意外の使い方も愉しい。

フェイスタオルも同じく美しく
真四角なウォッシュタオルは
真四角な額縁に入れれば
とーってもスタイリッシュな”絵”になります。

もうね
雨ばーっかしで
サスガニなんか気分がふさぐので
Miwさんの ”スカッとする”作品を
改めてご案内しました♪

* * * * * * * * * * * *

うー、雨だとお客が・・・

なので!?
ここを読んでくださっている 奇特なみなさんに
ボーナス物語!?

いえね、
昨日の帰り
電車の窓から・・・

水嵩の増した川を見ていましたら
なんと!

その川原に 鹿 が佇んでいるではありませんか!!!

あれ、錯覚じゃないよね?

”しっかと見た”んですから~

ものすごく驚いたけど
一瞬だったので残念~

もっと見ていたかった!

作家の向田邦子さんがエッセイのなかで
「中央線の窓から ライオンを見た!」と
書いていらして
向田さんも錯覚か、いや確かに、と不安げだったのですが
結局それを読んだご本人(ライオンの飼い主!)が
連絡してこられた、ということで
やっぱり本当だったのだ、ということだけど
そのとき
一緒に電車に乗っていた人に
全く慌てたような様子がなく
向田さん以外気付いていなかったみたいだ、と
そこを大変不思議がっておられたのだけど

ほんと
昨日も とっさにまわりを見まわしても
となりの若い女性は眠っていたし
前の席の男性はゲームに夢中だったし、で
「今のは・・・」ということには到底ならなかった。

今朝、気になって
目を凝らしてみたが
さすがに姿はなく。

ま、害獣でもあるし
山から降りてきただけってことかもしれなくて
ライオンとは次元の違う話ですが

ワタシは 沿線の川原では初めて見たので
大変に興奮してしもーたのであります。

ウチの父なんか
船で釣りしているときに
泳ぐ鹿とかイノシシ、

最近はゴルフ場で
「ちーさいの、うさぎがの、出てくるんじゃわい。
 鹿の子も見たでえ」と

日常茶飯みたいに遭遇しているので
全くうらやましい限り。

ああ、でも、
今は野生動物より
”人間”の”お客”が一番恋しいです💀